スポンサーサイト

  • 2020.07.23 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『ブラックアウト』無事に公演が閉幕しました

    • 2020.07.23 Thursday
    • 12:26

    singing dog 第一回公演『ブラックアウト』閉幕いたしました。

     

    とても久しぶりな書き込みとなってしまいました。

    7月16日(木)〜20日(月)劇場・雑遊にての公演『ブラックアウト』

    無事に千穐楽を終え、そして閉幕いたしました。

    本当にたくさんの…たくさんのお客様にご来場いただきました。

    ありがたいことに、チケット予約は全公演完売となりました。

    キャンセル待ちで観て頂くことが叶わなかったお客様、申し訳ありませんでした。

    座席数半分以下での上演だったため、通常のようにお席をご用意できなかったことが

    残念でなりませんが、コロナ感染者数が増えているなかでも

    たくさんのお客様に劇場に足を運んでいただいたこと、心より感謝申し上げます。

    劇場でのアルコール消毒やマスク装着など、積極的にご協力くださいまして、

    本当に本当にありがとうございました。

     

    公演中は雑遊さんご協力のもと、小劇場協議会のガイドラインに沿って

    劇場さんのガイドライン・singing dogのガイドライン、と、

    神経質になり過ぎるほど、感染予防に努めてまいりました。

    公演が始まる数日前から東京の感染者が増え始めたこと、

    劇場にクラスターが出たこと、上演場所が新宿であったことなど、

    1月から『ブラックアウト』の上演準備を進めてきましたが、

    緊急事態宣言を経て開けてからも、もっとも窮地に陥っているなぁ、と、

    主宰として思う日々でした。

    上演前日にキャストさん全員のPCR検査が陰性と判明し、みんなで歓声を上げました。

    もし、万が一の場合は、明日に控えた公演を中止しなければいけないのだと、

    祈るような気持ちでその日、天に手を合わせていました。

     

    今回の公演でとてもありがたかったことのひとつに、

    キャストさん・スタッフさんの存在がありました。

    『ブラックアウト』上演が決定したあと、まさか、こんな情勢になるとは思わず、

    それでも6月からようやく稽古場も開放され始め、

    マスクをつけたままの本読みがスタートしました。

    それから本番までの体調管理、常に消毒、マスク装着…緊張をはらんだ中での稽古だったと思います。

    と、同時に抑えつけられている状況だった演劇を好きな人間たちが、

    生き生きする場にもなっていました。

    今回の旗揚げ公演でのテーマが、「アルコール依存症」ということもあり、

    真摯に真っ向から、向き合って、一緒に作品創りに取り組んでくださっていることが

    ヒシヒシと伝わってきました。

    それぞれの人生を背負ったキャラクターたちに、息吹を吹き込んでくださったこと、

    本当にありがたく思います。みんな愛しい人間たちです。どのキャラクターも大好きです。

    キャストさん全員、本当に素晴らしい人たちばかりです。

    ありがとうございます…。

     

    そして、登場人物たちが右往左往するその空間をステキに創ってくださった美術さん。

    耳から伝わる崇高な芸術を添えてくださった音楽家さん&音響さん。

    温かい場面や緊迫感あふれるシーンに光を当ててくださった照明さん。

    それらを記録撮影してくださったスタッフさん。

    会場の運営をテキパキと、同時にずっと励ましてくださった当日運営さん。

    そして細やかに会場をお手伝いしてくださったスタッフさん。

    ホームページをかわいく作成してくださったWebデザイナーさん。

    ずっとずっと走り続けてみんなを気遣ってくださった、休む間もなかった演出助手&舞台監督さん。

    それから、この作品を取り組むと決まった日から「アルコール依存症」についてとても勉強してくださり、

    『ブラックアウト』を何にも代えがたい作品に仕立て上げてくださった演出家さん。

     

    言葉で表すことができないほど、皆さまに感謝しています。

    この大変な状況のなか、一緒に『ブラックアウト』を創ってくださいましてありがとうございました。

    一生忘れることのない、大切な旗揚げ公演となりました。

     

    言葉ばかり並べてしまったので、のちほど舞台写真を掲載します。

     

    それでは、この度は本当にありがとうございました…!

     

    singing dog 主宰 藤麻里

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スタートしましたよ

    • 2020.06.08 Monday
    • 21:56

    稽古、スタートしました!

    初めまして。snging dog を主宰しています藤崎です。

     

    この日をどんなに待ち望んでいたかしれません。

    キャストの皆さん全員と、顔を合わせをする日。

    想像していました。

    ぜったいに楽しくなる

    ぜったい、笑いが絶えなくなる

     

    まったくその通りになりました。

    ずっとずーっと、と言っていいほど、笑っています。

    皆さん、楽しい人たちばかりです。

     

    スタートなので、上演に向けて集合写真を撮りたいと思いました。

    しかし、ソーシャルディスタンスです。

    稽古中ももちろんですが、

    写真を撮るのも、人との距離を保たねば。

    というわけで、撮りました! 念願の集合写真!! イェーイ♪

     

     

    けど、ほんとはこうだっだり、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ← 小林大輔さんです
     

    こんな風だったり、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ← 井内勇希さんです

     

     

    これは、わたしの肩に手を添えてくれようと試みてみた、

     

     ← 谷仲恵輔さんです

     

    こうやってひとりひとり撮影して、出来上がったのが……

     

     

    おっと…これは合成をしてくれた演出・吉田康一氏の、ちょっとした遊びです。

    (でも、このくらいの人数はいるんじゃないかというくらいの、賑やかさ)

     

    ちゃんと、ソーシャルディスタンスを守っております。

    稽古中も感染予防を徹底して行い、

    本番に向かって少しずつ、歩んで行っております。

    それにしても、本読みも休憩中も、熱量ハンパない俳優さんたちです。

    (気持ちのはなしです。検温は毎回行っています)

    『ブラックアウト』がどんな作品に仕上がっていくのか、今からとっても楽しみです。

     

                                                                                                     by 藤崎麻里